小さいうちからかわいそう!?子どものアトピーとは?

アトピーとはアトピー性皮膚炎として皮膚に症状が現れる過敏症になります。一昔前までは、耳にする事のなかった言葉です。ここ最近、と言いましても20~30年ぐらい前から問題になってきた症状ではないでしょうか。もちろん、それ以前にもあった症状ではあるのですが、まだまだ少数でしたし子どもでの発症が多かったので世間にはあまり認知されていなかったと思います。しかし、段々と患者が増え大人でも多くみられるようになったために世間で多くの人に知られる症状になりました。

アトピーはアレルギーに起因する病気としても皆に知られており、他にも春になるとマスクをする人が増える花粉症(鼻炎)を始め、アレルギー性結膜炎、喘息、金属アレルギーなども同じアレルギーに関する症状として知っている人は多いでしょう。特に注意が必要なのは、食物アレルギーでアナフィラキシーショックを起こすと命の危険に晒されることあります。

アトピー発症の原因に関して細かく言えば、アレルギーだけの問題ではないのですが(IgE抗体やら好酸球など、細胞レベルの化学的な話は難しいので誰もが避けたいでしょうし、そこは専門家に任せていいのでは)やはり、アレルギー反応から来ることが多いので、アレルギー反応を起こす物質を取らない様にするのに越したことはないでしょう。家族にアレルギー素因を持っている人は要注意である事も言われています。

ちなみに、アトピーであるかどうかの判断基準としては、かゆみがある、皮膚に症状が出る(乾燥していたり炎症していたりいろいろですが)、症状が繰り返されるのが特徴となっています。子どもの場合は、特に首の辺りや間接の裏側に症状が出ることが多いです。大人だからいいいと言うわけではないですが、子どもだとなかなか大人ほど我慢がきかないことあり、かゆみを我慢できずに発症部分を掻いてしまう辛いものがあるでしょう。よく朝起きたら子どもの布団が掻きすぎた事により血だらけだったという話もあります。

治療に関してですが、子どもの場合、大人とは原因の違いもあるので、その子にあった正しい治療を行えば治ります。子どもにもストレスがないわけではないでしょうが、大人は遠因であるストレスの掛かり具合が子どもよりもはるかに大きいように思います。そのため、大人は治り難いです。
医者も治療法も様々ですが、親が納得した治療法で医者と小まめに話をして治療を進める事をお勧めします。
主な治療法としてよくあげられるものは、やはりステロイドがあげられます。これは、使わない方いいと言う方と上手く使えばいいという方がいます。どちらが絶対と言うわけではありませんが、もし自身が使わない方がいいと判断されるのならば、医者も使わない方針の方を選んだ方がいいでしょう。医者と意見が合わない場合は、下手をすれば対応がコロコロ変わり、かえって悪化になりかねません。個人的には使わない方がいいとは思いますが、使い方を気を付ければ多少の使用はいいと思います。

他の治療法として、漢方による治療、食事療法、お風呂の回数を減らす治療法等、いろいろあります。どの治療法が子どもにとって最適かは、症状にも個人差があるのでなんとも言えませんし、食事やお風呂に関しては直接的な治療というよりも子どもの体質改善に繋がる、子ども自身の治癒力を高めるというものに近いと思います。

子どもの治癒力を高めるという意味では、規則正しい生活を送り、昔ながらの和食を取る事が基本になるでしょう。今の欧米化した肉食の生活はそもそも日本人には不向きで、ここ最近の変化のために体の方がついてきていないのが原因の一つでもあります。

1.一人で悩まないで!子育てのイライラ・仕事との両立・思春期の悩みなどの解決法を教えます!
子育ての強い味方、どんなお悩みもここなら解決できます。

2.子育てしながら英語マスター
子供も自分も英語が身につく実体験に基づく方法を伝授。

3.子供のイヤイヤを解決!~お遊び育児のすすめ
赤ちゃんのぐずっても大丈夫。このサイトで解決します。